5月11日 萩原朔太郎(詩人)

幸福人とは、過去の自分の生涯から満足だけを記憶している人々であり、不幸人とは、それの反対を記憶している人々である

萩原 朔太郎(はぎわら さくたろう、1886年(明治19年)11月1日 – 1942年(昭和17年)5月11日)は、大正-昭和時代前期の詩人。父は医師。大正2年北原白秋主宰の「朱欒(ザンボア)」に詩を発表し、同誌を通じて室生犀星(むろう-さいせい)と生涯の親交をむすぶ。第1詩集「月に吠える」、第2詩集「青猫」で口語自由詩を完成させた。昭和17年5月11日死去。57歳。群馬県出身。前橋中学卒。作品はほかに詩集「純情小曲集」、アフォリズム集「新しき欲情」など。

幸福か不幸かは、客観的に推し量れるものではない。性格というか、心の持ち方というか、そういう主観に大きく左右される。つまり下から登っていって来し方を眺めその高さに満足するか、なかなか行き着かない頂上との距離に不満を抱え嘆息するかという態度にかかっている。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

5月10日 二葉亭四迷(小説家、翻訳家)

くたばって仕舞え

二葉亭 四迷(ふたばてい しめい、1864年4月4日(元治元年2月28日) – 1909年(明治42年)5月10日)は、日本の小説家、翻訳家

志士と文士の谷間をさ迷った二葉亭は45年の未完の人生を送り、志を得ないまま「くたばって」しまった。小説を書くのは苦痛だった。しかし、世間は文士として見たし、死後も文士として記憶した。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

5月9日 岡田茂(映画プロデューサー)

日本一に必ずできる。同じ夢を見ようじゃないか

岡田 茂(おかだ しげる、1924年3月2日 – 2011年5月9日)は、日本の映画プロデューサー。

「同じ夢をみようじゃないか」は、現状突破のために人々を鼓舞する強烈なメッセージだ。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

5月8日 ゴーギャン(画家)

我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(1848年6月7日 – 1903年5月8日)は、フランスのポスト印象派の画家。

我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこに行くのか。それは、人類にとって永遠の謎であり、個人にとっても究極のテーマである。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

5月7日 エルバート・ハバード(アメリカの作家)

人生における最大の失敗は、失敗を恐れ続けることである

エルバート・ハバード (1856年6月19日 – 1915年5月7日)は、中年から文筆活動を開始したアメリカの作家。高踏的な芸術雑誌を発行する一方でエッセイを書いた。主な作品に米西戦争における一事件を題材にした「ガルシア将軍へのメッセージ」(1899年)等がある。世界中で最も多くの人々に大きな1歩を踏み出す勇気を与えた小さな1冊だ。5月7日、没す。

失敗を恐れては、成長はない。失敗しないと本当のことはわからない。失敗を恐れ続けていて成功もしない、幸福にも縁遠い人生は人生とは呼べない。まずは、小さな失敗を重ねよう。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

『名言との対話』第19回 久恒啓一著「偉人の命日366名言集」~人生が豊かになる一日一言~ 名言の解説 part1

久恒啓一教授の著書「偉人の命日366名言集」から、特に学生に向けて伝えたい名言を選んで解説します。

ナビゲーター :多摩大学教授 久恒啓一
アシスタント :多摩大学経営情報学部 荒井綺花

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

5月6日 東山魁夷(画家、著述家)

時が過ぎ去って行くのでは無く、私達が過ぎ去っていくのである

東山 魁夷(ひがしやま かいい、1908年(明治41年)7月8日 – 1999年(平成11年)5月6日)は、日本の画家、著述家。

「無常と流転。流転とは生きているということ」という言葉も東山魁夷の言葉だ。常に流転し、変化し続け、いずれ散る命。その命と日本の優しく厳しい自然との交歓を描くという使命感を持った画家の透徹した人生観がここにある。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

5月5日 ナポレオン(フランスの軍人、政治家)

指導者とは希望を扱う人である

ナポレオン・ボナパルト(1769年8月15日 – 1821年5月5日)は、革命期のフランスの軍人・政治家である。

経歴を誇り、現在に愚痴をいう人は、すでに過去の人である。歴史を知り、現在を語り、未来の希望へつなげる人こそが指導者である。現在を生きる大リーダー達は、ライバルを歴史に求める。人類史における最大のライバルはナポレオンだろう。ナポレオンはナポレオン狂を生み続けるだろう。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

5月4日 寺山修司(歌人、劇作家)

つまらない書物というのはないが、つまらない読書というのはある。どんな書物でも、それを経験から知識にしてゆくのは読者の仕事であって書物のせいなどではないからである

寺山 修司(てらやま しゅうじ、1935年12月10日 – 1983年5月4日)は日本の歌人、劇作家。演劇実験室「天井桟敷」主宰。

書物から教育者から知識を与えられると思うのは間違いであって、受け取る量と質はこちらの心構えと感覚と能力によるのである。自分自身の受け止める力を、自分を、磨け、と寺山は語り続けている。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

5月3日 池波正太郎(時代小説・歴史小説作家)

顔というものは変わりますよ。だいたい若いうちからいい顔というものはない。男の顔をいい顔に変えていくことが、男をみがくことなんだよ

池波 正太郎(いけなみ しょうたろう、1923年(大正12年)1月25日 – 1990年(平成2年)5月3日)は、戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。

顔は変わる。久しぶりに会うといい顔になっている友もいれば悪い顔になっている友人もいる。男の顔には人生の履歴があらわれる。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB