3月11日 上杉鷹山(大名)

為せばなる為さねばならぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

上杉 鷹山(うえすぎ ようざん) / 上杉 治憲(うえすぎ はるのり)(寛延4年7月20日(1751年9月9日)- 文政5年3月11日(1822年4月2日))は、江戸時代中期の大名で、出羽国米沢藩の第9代藩主。

武田信玄が「為せば成る、為さねば成らぬ。成る業を成らぬと捨つる人の儚さ」という、よく似た歌を詠んでおり、上杉鷹山の言葉はこれを変えていったものといわれる。
上杉鷹山の「してみせて言って聞かせてさせてみる」を後の山本五十六元帥は「やってみせ、言って聞かせて、やらせてみて、ほめてやらねば、人は動かず」と変えている。上杉鷹山は今日の行政改革にもたびたび登場するように、古今、そして東西にわたって多くの人に影響を与えている。
やればできる、やらないからできないのだ。やろうとしないから、やれないのだ。単純明快なメッセージだ。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

3月10日 金子みすず(童謡詩人)

鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい

金子 みすゞ(かねこ みすず、1903年(明治36年)4月11日 – 1930年(昭和5年)3月10日)は、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人。

西条八十の「童話」に投稿し、八十から「ふっくらとした味わい」「もっとも貴いイマジネーションの飛躍がある」「子供の生活気分をみごとに表現する力」と激賞される。
金子みすずのはかない人生、その短い生涯で生み出した珠玉の詩。何度か涙が出そうになった。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

3月9日 孔子(中国の思想家、哲学者)

其の以す所を視、其の由る所を観、其の安んずる所を察すれば、人焉んぞかくさんや

孔子(こうし、くじ、紀元前552年9月28日‐紀元前479年3月9日)は、春秋時代の中国の思想家、哲学者。儒家の始祖。

最重要である人事をおこなうにあたって、人物をいかにみるか。孔子はこの名言を発している。行動を視よ、動機を観よ、そして行動に安んじているかを察せ。視るよりは観る、観るよりは察としだいに深く見ることで、真実を鑑定できる。その上で、乏しい人材の中から適材を選び、その人の力量にふさわしい高すぎない適所に置く。現在求められている業績を達成しつつ、仕事の中で未来に向けて人材の育成を怠らない。それが人事の要諦であろう。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

3月8日 谷沢永一(文芸評論家、書誌学者)

男が成長するとは、自分が持たないものをひとつひとつ確認し、次第にあきらめてゆく行程である

谷沢 永一(谷澤 永一、たにざわ えいいち、1929年6月27日 – 2011年3月8日)は、日本の文芸評論家、書誌学者。

少年の頃にはあらゆる可能性がある。青年になったときにはかなりの可能性を捨てている。壮年では進むべき方向の選択肢は限られている。谷沢のいうように、私たちは可能性を捨てながら人生を歩む。その過程で自分の持っているものの少ないことを確認し、ひとつひとつあきらめて、わずかに残った道を歩んでいく。それは、しかし大人になっていく行程なのである。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

3月7日 鳩山一郎(政治家、弁護士)

闘病生活は一つの精神闘争なのである

鳩山 一郎(はとやま いちろう、1883年(明治16年)1月1日 – 1959年(昭和34年)3月7日)は、日本の政治家、弁護士。第52・53・54代内閣総理大臣。位階勲等は正二位大勲位。

人心には必ず飽きがくるから「政治家は権力の座に長く留まるべきではない」として、大仕事であった日ソ国交回復に挑む前に「日ソ交渉を果たし終えたならば引退しよう」と考え、成功裏に終わった後、総理を辞任した。東条内閣の戦時刑法特例法案に抵抗して都落ちするときもそうだが、出処進退が潔い。人間的な深みに加えた潔さ、それが吉田茂内閣の後を受けて出発したときに起った鳩山ブームの原因だろう。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

3月6日 菊池寛(小説家、劇作家、ジャーナリスト)

私は頼まれて物を言ふことに飽いた

菊池 寛(きくち かん、1888年(明治21年)12月26日 – 1948年(昭和23年)3月6日)は、小説家、劇作家、ジャーナリスト。文藝春秋社を創設した実業家でもある。

出版には、書き手と読者とをつなぐ編集者という職が存在している。誰の役割が面白いかと考えると、特に雑誌の場合は、執筆者よりも編集者の方が断然面白い。私にも経験があるが、一つの新しい世界を創造する愉しみである。長く続いている文芸春秋社と、才能を発掘する芥川賞・直木賞ををつくった菊池寛の功績は偉大である。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

3月5日 団琢磨(工学者、実業家)

何でもよいから自分のやりかかったことを小でも大でも、し遂げてしまう。小さいことをいくつも成功していく間に漸々(漸々、ぜんぜん=徐々に)と大きなことにも成功するようになる。

團 琢磨(だん たくま 安政5年8月1日(1858年9月7日) – 1932年(昭和7年)3月5日)は、日本の工学者、実業家。

小さな実績、小さな成功、それこそが大きな実績、大きな成功の礎なのである。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

『名言との対話』第10回 葛飾北斎

浮世絵師:大胆な構図 葛飾北斎 × 江戸のカメラマン 歌川広重

ナビゲーター :多摩大学教授 久恒啓一
アシスタント :多摩大学経営情報学部 荒井綺花

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

3月4日 北村西望(彫刻家)

たゆまざるあゆみおそろしかたつむり

北村 西望(きたむら せいぼう、1884年(明治17年)12月16日 – 1987年(昭和62年)3月4日)は、日本の彫刻家。

自分はうさぎではない、自分は亀である、と自覚する人はいる。しかし、自分を動いているかわからないような、あのかたつむりになぞらえる人は聞かない。ここに北村の業績の秘密がある。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB

3月3日 下岡蓮杖(写真家、画家)

この世の中には先生と呼ばれる多くの人がいる。自分も早く先生と呼ばれる人になりたい。

下岡 蓮杖(しもおか れんじょう、文政6年2月12日(1823年3月24日) – 1914年3月3日)は、日本の写真家(写真師)、画家。

下岡蓮杖は、多くの分野の挑戦者として一生を送った。先駆けることが先生への道であった。いつしか、自然にまわりの人たちが「先生」という尊称で呼ぶようになっただろう。

【お知らせ】
この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。
久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。

【久恒啓一】
図解WebプログFacebooknoteメルマガ

■Produced by KOELAB